新着情報

News

サッカー部「己を知り 仲間を知り 相手を知る」

7月31日 フォースリーグ 金沢龍谷 5(4-0、1-0)0 飯田
得点者:青木、宇野、江森、荒木、江森  アシスト:北島
8月1日  セカンドリーグ 金沢龍谷 0((0-4、0-1)5 小松大谷

7月30日に「まん延防止等重点措置」が石川県内に適用されたため、リーグ戦が8月2日以降延期・中止という状況となった。
フォースリーグ、セカンドリーグ共に勝利して、いい形でこの状況を乗り切るため、飯田戦、小松大谷戦はとても重要な試合と位置づけていた。
飯田戦は、飯田高校のねばりに、なかなか得点が奪えない状況で合ったが、1年青木のミドルシュートをきっかけに、得点を積み重ねることができ、5-0と勝利することができた。
小松大谷戦は、開始10分までに2失点するという展開。FW・MF・DF・GKのバランスがうまくかみ合わず、その隙を突かれ失点を重ねてしまう。後半は修正したが、奪ったボールをチャンスにつなげることができず、ロスタイムに失点し0-5という悔しい敗戦。

8月1日~4日まで、和倉サマーフェスティバルに参加させていただき、これまでの課題を修正すると共に、チームの共通理解を図った。

本来ならば、宿泊し、サッカーだけでなく生活を共にして、チーム力UPを図ることが目的となるこのフェスティバル。しかし、残念ながらこの状況では、宿泊を伴う活動は行えず、日帰りでの参加。ただし、参加できるだけでもありがたい状況であることを確認し、4日間全力で闘った。

1年生は、4月からの5ヶ月・・・。
2年生は、1年5ヶ月・・・。
3年生は、2年5ヶ月・・・。
高校に入学してからの時間をどのように過ごしてきましたか?
サッカーを通じて、学校生活を通じて、どんな経験をし、その経験を活かしてきましたか?

どうしたらサッカーがうまくなるのだろう・・・?どうしたら毎日が楽しくなるのだろう・・・?
正解のない問いが頭の中をグルグルとかけめぐり、必死に努力を積み重ねても、なかなか結果に繋がらず、悔しい時間を過ごす日々・・・。
みんな・・・気づいていますか?
このうまくいかないモンモンとした時間、日々が、とても大切な事を。悩み、苦しみ、悔しい思いをしながら、心は成長している。ドキドキしたり、心臓の音が早く感じているときこそ、心は成長する準備をしているのです。
どんなときに感動したか?どんなときに心が震えたか?どんなときに涙が込み上げてきたか?

己を知ろう・・・。まずは、自分の心が何を求めているのかを。生きたい。知りたい。仲間になりたい。
何でもいい・・・。自分の心の声を聴くこと。それだけ自分を大切にすることができるようになれば、次は、仲間を感じられるようになるはずだ。仲間も自分と同じように悩んでいる。
サッカーは「助け合い協力する」スポーツ。どれだけ仲間を感じ合えるかが大切。そんな最高の仲間と共に、相手の狙いを感じ取り、その上を行くチームワークで勝利するのがサッカー。

どうしたらサッカーがうまくなるのだろう・・・?どうしたら毎日が楽しくなるのだろう・・・?

「己を知り 仲間を知り 相手を知る」そんなことを考えながら心が震える時を積み重ねていくことが答えなのかも知れない・・・。

今すぐには答えは見つからないかもしれない・・・。あわてなくていい50歳になる私もまだ答えが見つかっていないのだから・・・。共に歩み、探していこう!!

前へ
ボウリング部「全国選抜大会 兼 東海北信越高校選手権」
2121.08.10
次へ
「入試個別相談会」「学校説明会」申し込み
2121.08.10